熊本走ろう会専用電話

080-3222-8460


mail  kumamotohashiroukai​@icloud.com
 
熊本走ろう会に関係する連絡は会専用電話またはメールアドレスにお願い致します。

​このホームページについてのご意見は
mail nippon846@gmail.com

※掲載されている内容についてのご意見、ご要望、入会問い合わせ等については「お問い合わせ」からご連絡ください。

活動報告

もうすぐ50年

熊本走ろう会

Since 1972

会員数  243

  男   159名(65%)

  女           84名(35%)

平均年齢   66.51

平均入会年数 15.33

 

(令和2年11月1日現在) 

主な行事予定

      

  

 新型コロナウイルスの蔓延に伴い当面、走ろう会の行事は延期または中止と致しましたが、7月度から通常の行事予定を再開いたしました。但し、十分な間隔を保ち不要な会話を控えるなど「蜜」とならぬ行動が条件となります。また状況次第では行事の中止、延期の場合があります。

 ※詳細は毎月届けられる「会報」で確認してください。

     

 

 

天草パールラインマラソン大会会場近くに「健康マラソン発祥の地」の記念碑がある。

​以下はその碑文である。

 

遅いあなたが主役です

健康マラソン由来の記

 健康マラソンの発祥は, 昭和47年1月 熊本走ろう会を結成, 中高年者の持久走を健康マラソンと命名し, 健康のために明るく, 楽しく, ゆっくり走ることを創唱したに始まる。昭和48年3月10日 熊本走ろう会々長加地正隆, 幹事長堤貞一郎, および会員一同の要請を 大矢野町が受入れて, 名誉会長金栗四三翁, 会長川上剛晴町長, ランナー参加者271名の同志を得て, 我国最初の健康マラソ ン大会である 第一回天草パールラインマラソン大会 が開催された。
 爾来20年, 熊本走ろう会が提唱した健康マラソンは, 天草パールラインマラソン大会を舞台として, 「遅いあなたが主役です」のキャッチフレーズをかかげて, 速さを競わず, 優劣を争わず, 健康をゴールとして走る人々の共感と, 市民の理解を得て次第に全国に普及し, 今日の隆盛をきたし社会的にも, スポーツ界にもその地位を確保するに至った。
 この時に於て, 我国健康マラソン発祥の碑を建てこれを記念する。
  「健康マラソンは不滅である」
全国の健康マラソンランナー およびそれを取巻く全ての人々が開拓 者である。ここにその人々の氏名を刻して後世に残すものである。
その栄誉は永久に忘れられないであろう。

平成4年3月8日

健康マラソン発祥の記念碑設立委員 委員長 加地正隆 識

建立年月日 平成4年(1992年)3月8日

発起人 熊本走ろう会建立者 健康マラソン発祥の記念碑設立委員 代表 熊本走ろう会々長 加地正隆 顧問 天草パールラインマラソン大会 会長 大矢野町長 川上剛靖支援・協力 大矢野町

健康マラソン
遅いあなたが主役です
広告募集中

8月4日
走ろうの日

2010年(平成22年)から、この日にみんなで走る「走ろうの日」を始めました。(記念日登録 2018年)

今、東京オリンピックで日本を代表する選手が輝かし成果を挙げ多くの人々に喜びと感動を与えています。

オリンピックの選手を大輪の花とすれば,、私たち健康マラソンランナーは人知れず道端に咲く雑草です。

風雨にさらされ、人に踏まれてもなお立ち上がり、共に励ましあい、共に応援しながら健康というゴールを目指して走り続けている最中です。

8月4日、日本中の雑草ランナーと共に走り、共に喜びを分かち合えば全てのランナーは金メダル獲得者です。

熊本走ろう会の創始者である加地正隆初代会長が次のようなメセージを残されています。

「ああたたちは雑草ですたい。どぎゃん頑張ったちゃもうオリンピックにゃ出られんとです。

途中 きつうなったら、いつでもつんくり帰ってよかとです。

途中で止めても決して敗北者じゃありまっせん。

勇気を出してやめた者が本当の勝者です。

​きつかつば我慢して、気づいた時は救急車の中だったという者が敗北者ですたい。

決して無理はせんで下さい」

IMG_8121.JPG
IMG_8125.JPG
IMG_8128.JPG

令和3年(2021)6月 20日
緑川ロングラン(34キロ~40キロ)

 

65歳以上を「高齢者」と呼び、年金生活となれば「余生」すなわち余った人生を送る、ということになります。

一方「一生青春」「生涯青春」という言葉もあります。

「人は年齢では老いない。理想を失ったときに老いる」ということです。

そうなると熊本走ろう会諸氏は「青春」真っただ中、と言って良いかもしれません。

ただ、若い頃の青春と私たちの青春とは大きな違いがあります。

それは「未来」「将来」という長いスパンで夢や希望を追い求める必要がないということです。

即ち、ほぼ叶わない夢や希望を追い求める辛さや苦しみや労働から解放され、そして子育ても免除された世界、それが余生となります。

となれば、余生は前途多難な青春を超えた世界、あの頃の青春よりもっともっと楽しい楽園、理想郷の住民となった、ということです。

その為には、今日を生き、今を楽しむ。その一点のみです。
 

その一瞬一瞬が理想郷で、その連続が豊かな人生となるに違いありません。

夏至が間近い6月19日、天頂から降り注ぐ陽の光を満身に浴びた15名が、今日を全力で生き、今を存分に楽しみながら走りました。

IMG_7956.JPG
IMG_7950.JPG
IMG_7959.JPG
IMG_7960.JPG
IMG_7970.JPG

飯田山迂回班

道端に御座った「布袋様」(左から3番目 念のため)

熊本走ろう会に入会して5年目になります。実は関西地方在住の時から熊本走ろう会の「走ろうの日ラン」

に同感して今年で9年目になります。

今日は「水の都熊本」の代表的な江津湖・湖畔を熊本走ろう会の仲間と夕暮れランを楽しみました。

なお、ラン・スタートした18時の気温は33℃でしたが、湖畔には木陰も多く涼しく感じる箇所もありました。

北村

2021年8月4日(水)

IMG_7967_edited.jpg

令和3年(2021)3月 21日

第一回 ​江津湖周回マラソン大会

「宣誓

わたくし達選手一同は、第一回江津湖周回マラソン大会において、この江津湖の、素晴らしく美しい景色を十分に堪能しながら、元気に明るく楽しく走ることを誓います。

令和3年3月21日 選手代表、会員番号1449江津湖ランをこよなく愛する 山本恵」

IMG_7372.JPG

底冷えのする春雨の中、山本恵さんの選手宣誓で「第一回江津湖周回マラソン大会」が始まった。

集結した30名がそれぞれに目標を掲げ、雨に濡れる八分咲きの桜に見守られて湖畔の路を思い思いのスピードで走った。

​そのハーフの部に山崎誠子さん(80歳)の姿があった。

「私は毎日12キロ、ゆっくりゆっくりと走っています。ハーフの距離は初めてです。ゴールできるかどうか分かりませんが、挑戦してみようと思って参加しました」と瞳を輝かせた。

またフルマラソンの部に鈴木三雄さん(85歳)が元気に顔を見せた。

「今までフルは164回走っている。コロナで大会が中止になっているので、今日は楽しみにしていた」とレジェンドの風格を見せた。

そして我が熊本走ろう会の出田会長(82歳)もハーフの部のスタートラインに立った。

「今日はハーフのハーフ位かな?」いつもの出田スマイルで謙遜。

5年が過ぎ10年が過ぎて20年が過ぎた時、今元気に走っている私たちが果たして、三氏の様に生き生きとした眼差しでスタートラインに立つことが出来るだろうか?

​「遅いあなたが主役です」をスローガンとする「熊本走ろう会」も今

​過渡期を迎えている。その時代の渦の中にあって、三氏の精神は新しい時代の「遅いあなたが主役」の行く先を明るく照らしてくれた。

スピード化した健康マラソンの中にあって、後に続く私たちは、時代に左右されず、やがて必ず訪れる新しい時代の「遅いあなたが主役」達のためにその道を開けておかなければならないのではないか。

ゴール出来るかどうか分かりません、と言っていた山崎さんも、ハーフのハーフ位かな、と言っていた出田会長もゴールで雨に濡れて光るテープを胸を張り笑顔で切った。

そして、今日の日を楽しみにしていたと笑った鈴木さんも7時間49分50秒を走り切って見事に165回目の完走を果たした。

新しい時代の「遅いあなたが主役」達は雨に濡れて一層艶やかな桜と同じ八分咲きである。

IMG_7383.JPG

左 出田秀尚会長(82歳)   右 山崎誠子さん(80歳)

IMG_7406.JPG

鈴木三雄さん(85歳)

IMG_7404.JPG

フルマラソンの部1位 浦野恵子さん 3:50:02  

参加者募集

Google ストリートビューで平成27年の

「お花見マラソン」が見られます。

(画面をクリックして自由に動かすことができます。

画面奥に進めば我々熊本走ろう会の花見ブースがあります)